Xは出荷業務停止日です。
ホームスタッフ ブログ(最新情報)
スタッフ ブログ(最新情報)
スタッフ ブログ(最新情報):77
2012年11月29日

写真はかなりの枚数を撮ったので、全てを紹介する事は出来ないため、極一部を紹介します。作家さん名はModeler's EXPO2012の公式文書にしたがいます。

kazufumi氏


山田和紀氏


荒木智氏


一級氏


吉岡和哉氏


すこっつぐれい氏


ダグラス・リー氏

2012年11月29日
11月23-25日 Modeler's EXPO2012に行って参りました。 大阪南港ATCビル10Fの会場風景です。

サポーターズ基金として販売されていた缶バッチ

20セットしか作らなかったとの事で、初日の午前中で完売していたようです。 紙創りブース

購入した缶バッチはテーブルクロスに付けていたのですが、買いそびれた人がしげしげと見ている姿も。 入場者数は3日間で3000名近くもあったそうで、大変盛況でした! 店長は単身参加のため、あまり長時間ブースを離れることが出来ず、最終日の朝に、2時間程早出をしてブースを回りましたが、作家さんのブースでバタバタ写真を撮るくらいしか出来ませんでした。 最低1日はゆっくりとした時間を取らないと、全てを見ることが出来ない程、多くのすばらしい作品が並びました。また、普段ハンドルネームしか知らないモデラーさんたちと沢山交流も出来、充実した3日間でした。 最後に、実行委員長のE.dankeさんはじめスタッフの皆様大変お疲れさまでした。そして、この様な会に参加する機会を頂、ありがとうございました。 作品写真は全てアップすることが出来ないので、改めて抜粋して記事にします。
2012年10月31日

1/32 英軍機用の試作があがりました。

シートベルト固定具の紐も紙で作ってみました。(簡単にはちぎれません) 2本あるので写真じゃ太く見えますね。 ベルトはちょっと色が濃くなって、皮みたいになっちゃいましたね。 時間があれば日本陸軍機までもって行きたいんですが・・・

同日追記
1/32米軍シートベルトは、肩ベルトの形状を修正しました。

2012年10月30日

HQシリーズのドイツ軍機と米軍機の1次試作が終わりました。

ドイツ軍機シートベルト

米軍機シートベルト

 後は英軍機用です。 この後、現行フィーリングパーツのドイツ軍機、米軍機、英軍機用にデーターを展開します。

その後作り易い様に部品配置と部品周囲のくり抜きをし、量産用にシートを割り付ければ開発終了です。

ちなみにこのHQシリーズは、組立て中にピンセットで小物部品をつまんで飛ばすことが無い様に、金具類の小物部品はピンセットで、つままなくても良いように設計します。

1/32シートベルトは、フィーリングパーツのシートベルト新作3種と新作HQシリーズのシートベルト4種を一気に商品化します。

2012年10月26日

1/32 日本海軍機用シートベルト (近々発売予定)  ベルトに新素材を使用しました。

カット・塗装・接着・折り曲げ等は、普通の紙のように使用できます。 ただ、引っ張り強度が強い! その気になれば、ベルトの長さ調整も可能です。 フィギュアをシートに座らせて、シートベルトをフィットさせることが出来ます。

新たに、フィーリングパーツ HQシリーズとでもしましょうか。 同シリーズで米軍機用、独軍機用、英軍機用も同時開発をしています。

今までのフィーリングパーツのベルトとは、そのコンセプトで残します。

2012年10月24日

以前、店長日記で紹介した縄文フィギュアは、福岡県の鞍手町歴史民族博物館に展示されています。お近くの方は是非、足をお運びください。

 

鞍手町歴史民族博物館

2012年10月19日
今、1/12のヨーロッパの古びた花屋の情景を作ろうとしているのですが、その中に置く小物の想定で、こんな物を作ってみました。

まだ、とりあえず形にしただけで、ブーツの形状や花のアレンジを詰める必要があります。
ブーツはキット化を意識して作ってあります。
2012年10月17日

紙創り店長は、今年の6月から和巧に入社したんですが、その頃あまり知らない1/12ミニチュアの世界を覗こうとネット検索をしておりました。その時はたまたま見つけた「ゆきこ」さんのブログ「Recollection ミニチュアの記憶」和菓子屋さんのショーケースの上の花瓶にスイセンが生けられた写真でした。そこで目が釘付けになってしまったんです。そこで今回、何とか口説き落として写真を提供していただきました。

それと、facebookを始めてみました。 http://www.facebook.com/kamizukuri 試作品や新製品の情報を、掲載していきたいと思います。

・・・でも 今一使い方を理解してない・・・ orz
2012年10月12日

Galleryジオラマアクセサリーに、すこっつぐれい氏の”Operation Milkman”を掲載しました。

作品紹介ページに雑木IIを使った「りんごの木の作り方」も提供いただきました。その中で色に関して記載されているのですが、木の樹皮の色は茶色ではないんですね。一般的には木は茶色という変な刷り込みが出来てしまっているので、樹木を作って茶色に塗ってしまっている作例を時々見かけます。私も以前、草花の生え方に関してプロモデラーの方からご指摘を受けた事がありました。情景を作る時は自分の周りの自然を良く観察することが大事ですね。
2012年10月11日
縄文人フィギュアは、やっと完成し既に塗装も終わり、ベースに固定しました。

これで、やっとギャラリー掲載記事の編集に入れます。
ギャラリー楽しみにしていてください!
2012年10月03日
紙創りではなく、和巧の本業の方で縄文時代のフィギュアを作ってます。
50mmサイズでフルスクラッチ。
全部で14体作らないといけないんです。OTL

写真を上から撮ったので、皆太く見える・・・
本業の紙創りの開発はちょっとお休み。
あっ! ネットショップの方はちゃんとやってるので大丈夫ですよ。

それと、近々ギャラリーの方にすんごい写真をアップできると思います。
乞うご期待!!
2012年09月27日

米軍機シートベルトは1次試作が完了しました。

ベルトの長さ調整が可能です。また、4点止めも可能です。 ・・・ということは・・・。 それと、1/32英軍機シートベルトは、店長がまだ和巧に入社前に社長に作ってもらった原型があるのでほぼ完成してます。

スピットも完成させねば!・・・とは思ってるんですが。 1/32シートベルトは、1/32に共通して、とある問題が残っているので、発売はまだ1ヶ月くらい先ですかね。

2012年09月25日
名古屋ものつくりフェスタで、モデラーさん達の作品に触発されて作り始めた、1/12サイズの情景。
まだ石壁1枚だけです。

今まで1/35サイズで目が慣れているので1/12は巨大に感じます。自分が思った情景を全部入れるとベースサイズが600mmx400mmにもなってしまうので、ちょっと思案中。制作過程は別途ブログを立ち上げてそちらで公開します。これを作っていく中でいくつか製品も生まれそうです。
2012年09月24日

9月22日の名古屋ものつくりフェスタは盛況のうち終了しました。 委員長の望月様はじめ、若鯱会の皆さん、サポートの皆さんお疲れさまでした。 展示会の方はプロモデラーの方々、有名モデラーの方々の作品が並び、コンテストの方も非常にレベルの高い作品が並びました。 和巧では紙創り教室でミにヒマワリを皆さんに作っていただきました。

これが教室で使ったミにヒマワリの作例です。プランターもセットになってます。

午前の部の教室風景です。

作るのは一見難しそうに見えるようなんですが、実際にやってみると結構簡単なんですよ。 小学校高学年くらいのお子さんなら、簡単に作ってしまいます。午後の部も、お子さんが作っているのを見て、飛び入りで参加される方もいました。 今後も色々なところで教室をやると思いますので、是非参加されてください。

教室は1時間でしたのでプランターの作成と、ヒマワリは1本作ったところで終了でした。今回教室に参加された皆さん、もしこれを見ていれば、完成写真を是非、掲示板の方に投稿して作品を見せてください。

2012年09月12日
掲示板を新設しました。
紙創りホームページでギャラリーコーナーがありましたが、皆さんにもっと気軽に作品画像を投稿してもらいたいというのが趣旨です。
中はカテゴリー分けされていますので、対応するカテゴリーにお気軽に投稿してください。
初めて投稿される方は”掲示板の使用に関して”を一読ください。
投稿練習用に”投稿練習用”スレッドも有ります。
こちらは投稿が失敗しても全然問題ないので、うまく投稿できる自信がない方はこちらで練習をしてみてください。

*掲示板は新規ウィンドウで開くので、ネットショップへの戻りボタンはありません。
2012年09月08日

タミヤエレファント用ツェメリットコーティングシートセットは、取説・パッケージデザインの原案がやっと完成し、量産開始しています。 ただ、ほぼ全面削るので、1セット仕上げるのにとんでもなく時間がかかるんです。

来週初めから、順次出荷を開始するので、来週末にはネットショップにもアップすると思います。 さて、次はなにをやりましょうか?・・・

2012年08月31日

何とか9月1日に間に合いました。 ^^; 新しいショップでは、画像が大きくなり また、組立て説明書も見られるようにしたので より製品をご理解いただけると思います。 紙創りのネットショップを今後とも宜しくお願い致します。

  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス